仮想通貨のチャートの見方を解説!山と谷の仕組みを理解しよう

仮想通貨のチャートの見方を解説!山と谷の仕組みを理解しよう 初心者向け情報

仮想通貨を購入したいけど、基本的なチャートの見方が分からない。
仮想通貨をとりあえず購入してみたけど、買いと売りのタイミングがイマイチ分からない。

こういった悩みを抱えている方に向けて、仮想通貨のチャートの見方の基本を解説していきます。

  • 仮想通貨のチャートの見方を解説!山と谷の仕組みを理解しようの目次
  • 本日の話題:初心者向け情報
  1. 仮想通貨のチャートの山と谷とは
  2. キリの良い価格は山と谷ができやすい
  3. もしも山で買ってしまったらどうする?

Coincheck(コインチェック)という仮想通貨取引所の評価

仮想通貨のチャートの山と谷とは

仮想通貨のチャートの山と谷とは
チャート参照元:Coincheck(コインチェック)

一部ではありますが、チャートの山の部分を赤、谷の部分を青でマークしてみました。

仮想通貨だけでなく投資全般に言える話でもありますが、チャートはこのように、山と谷が連なって構成されています。

チャートの山と谷について

  • 山の部分:そのポイントで多く売られている(需要が減る)
  • 谷の部分:そのポイントで多く買われている(需要が増える)

仮想通貨のチャートが上がるも下がるも、基本的な仕組みとしてはこれだけなんです。

仮想通貨のチャートの山と谷とは
チャート参照元:Coincheck(コインチェック)

1の部分では、買いよりも売りの勢いが強いため、山が作られました。
2の部分では、売りよりも買いの勢力が強いため、谷が作られました。

こんな感じで、仮想通貨のチャートは日々、上昇や下降を繰り返しながら進んでいるんです。

キリの良い価格に到達したときの注意点

キリの良い価格に到達したときの注意点
チャート参照元:Coincheck(コインチェック)

最近のビットコインの動きを例として挙げると、500万円に最初にタッチした際に値下がりが発生。山が作られました。
つまり、ビットコインが500万円に到達した時点で、売り注文を出した投資家が多かったということになります。

キリの良い価格(今回は500万円)になると山が作られやすい理由としては、その金額を利確の目標額としている投資家が多いため。

そして、この大量売りのお祭りに巻き込まれると「500万で利確しようとしたのに480万で売るハメになった…。」という可能性が十分に起こります。

こんなもらい事故を防ぐためには、498万円や493万円といった、中途半端な金額で早めに利確を決行することがコツ。
利益額は少なくなりますが、大幅な値下がりで売り時を逃すより、何倍も良いと思いますよ。

もしも山で買ってしまったらどうする?

大量買いの煽りに乗っかってしまい、山で買ってしまった…
そして価格がどんどん下がる…いつ売ればいいんだろう?

仮想通貨あるあるですが、下がり幅はある程度予測できるので安心してください。

もしも山で買ってしまったらどうする?
チャート参照元:Coincheck(コインチェック)

よくよくチャートを見ると、下落した仮想通貨の価格は、一定のライン(下値支持線)で止まることが多いんです。
理由も単純で、目標額まで下がったときに、買い注文を入れる方が多いから。

さすがに百発百中とは言えませんし、経済状況によってはこの通りではありません。
ただ、基本的な山と谷の概念としては、この記事でお伝えしたもので十分です。

今回紹介した基本を理解しておくだけでも、仮想通貨で失敗する確率はグっと減るはず!

まだ仮想通貨を始めていない方は、この機会に始めてみてはいかがでしょう?

おすすめの仮想通貨取引所

下記は日本国内でも人気とセキュリティ面が強い取引所となっており、口座開設の手続きも5分程度。簡単に始められます。

Coincheck(コインチェック)という仮想通貨取引所の評価

bitbank(ビットバンク)という仮想通貨取引所の評価