リップルがついに100円を突破!高騰の背景と今後の見通しを考察

リップルがついに100円を突破!高騰の背景と今後の見通しを考察 リップル

60円~70円台で停滞していたリップルが、4月6日、120円を突破するまで高騰が起こりました。

リップル急成長の背景には何があったのか?
リップルの今後の価格はどう推移していくのか?

今回は、リップルの値動きについて語っていこうと思います。

\仮想通貨の始め方を初心者向けに解説しています。/

仮想通貨の今後は伸びる!初心者向けの始め方を解説

リップルが100円を突破した背景とは

リップルが100円を突破した背景とは

なぜ1日足らずの短期間で、リップルの価格が50%以上アップしたのか?

その背景には、SECによるリップル提訴の進捗と、リップル社に大きな動きがあったから。この2点が大きな理由となります。

リップルとSECによる訴訟の進捗

リップルとSECによる訴訟の進捗

2020年12月、SEC(米証券取引委員会)によりリップルが提訴され、リップルの長期投資家が次々と手放す事態に。
これにより、リップルの価格は大暴落を起こしました。

その大暴落の原因となった裁判に進捗が見られたため、リップルに対する期待感が強まったようです。

まだ裁判自体は終了していないのですが、SECによる提訴は、中長期的には和解になるのではないか?との声が多く見られます。

平和的に解決される希望も含め、リップルの価格上昇の後押しをしたと考えられます。

SEC提訴の進捗状況はコチラで確認

リップルの再上場に関する話題

リップルの再上場に関する話題

上記のSEC訴訟が原因で、コインベースなどの取引所がリップルの取り扱いを停止していました。

しかし、コインベースがリップルの再上場に向けて、バックエンドで調整を進めている。

こんな情報が流れたこともあり、リップルの高騰を後押ししたようです。

さらに仮想通貨のオンラインコミュニティでは、リップル支持者らが、仮想通貨取引所へリップル再上場を求める運動を開始。

こういった再上場に関する一連の流れが、リップルの好材料となりました。

リップル社がTranglo社の株40%を取得合意

リップル社がTranglo社の株40%を取得合意

リップルの訴訟問題の進捗のほかに、リップル社も、リップル発展に向けて大きな動きを見せました。

国際送金向けエンタープライズ・ブロックチェーン・ソリューションのリーディング・プロバイダーであるリップル(本社:米国カリフォルニア州、CEO:Brad Garlinghouse 以下、リップル)は、アジアを代表する国際送金サービス企業であるTranglo社の株式の40%を取得することに合意したと発表しました。
引用元:PR TIMES

簡単に言えば、リップルの送金ネットワークの提供範囲が広がるってことですw

リップルの圧倒的な送金速度が普及すれば、リップルへの需要がさらに高まり、リップルを持っていることで資産が増える。

そういった期待が、多くの人がリップル購入に動いた理由なのかもしれません。

リップルは直近でいくらまで伸びる?

リップルは直近でいくらまで伸びる?

今回のリップル高騰の天井は、120円~125円を予想する声が多く見られます。

もしも利確を狙っている場合は、この辺りの価格を狙って利確をしてみるのがいいかも。

ただしリップルは近いうちに200円や300円、5年後には10,000円まで行くのでは?との意見も多く見られる仮想通貨です。

資金に余裕がある方は、将来のためにガチホしておくのもひとつの手段かもしれません。

【100ドル行くか?】仮想通貨のリップルが2025年までに伸びる理由

【100ドル行くか?】仮想通貨のリップルの買うべき理由や将来性を解説

リップルの買い時はいつ?

リップルの買い時はいつ?

結論、今すぐリップルを購入するのは得策ではないと思います。

チャートをご覧いただくと分かるのですが、RSIが「買われすぎ」を示しているので、どこかで調整が入るタイミングがあるはず。

「金額がいくら」は断言できませんが、RSIが70を切り、反転した時点での購入が無難と言えるでしょう。

リップルは今後に期待できるアルトコインなので、安くなるタイミングで賢く投資をしていくのも良いと思いますよ!

【100ドル行くか?】仮想通貨のリップルが2025年までに伸びる理由

【100ドル行くか?】仮想通貨のリップルの買うべき理由や将来性を解説

リップル投資におすすめの取引所

最後に、リップルが購入できる仮想通貨取引所をご紹介。安全性が抜群に高い国内取引所のみをピックアップしているので、どの取引所に登録いただいても、安心して取引が可能です。

アプリダウンロード数No.1「CoinCheck」

Coincheck(コインチェック)
実績 国内ダウンロード数No1
安全性 セキュリティ体制も万全!ログイン時も2段階認証採用
取引銘柄 全16種類の銘柄を保有
コインチェック詳細
コインチェック公式

仮想通貨取引量が国内No.1「bitBank」

birbank(ビットバンク)
実績 仮想通貨取引量は国内1位(2020年度)
安全性 セキュリティの評価国内1位
取引銘柄 8コイン/国内6位
ビットバンク詳細
ビットバンク公式

国内最大級の取引所「bitFlyer」

bitFlyer(ビットフライヤー)
実績 ビットコイン取引量が国内No1
安全性 セキュリティ体制も万全!100円からの取引が可能
取引銘柄 12コイン/国内3位
ビットフライヤー詳細
ビットフライヤー公式

\仮想通貨の始め方を初心者向けに解説しています。/

仮想通貨の今後は伸びる!初心者向けの始め方を解説