コインチェックが国内初のIEOを実施!申し込み方法やPLTの将来性を解説

コインチェックが国内初のIEOを実施!申し込み方法やPLTの将来性を解説 初心者向け情報

今回は、7月1日から受付が始まる、コインチェックIEOについて解説していきます。

結論からお伝えすると、このIEOに参加することができれば、仮想通貨初心者であっても儲けられる可能性は高いかもしれません。

コインチェックで始まるIEOとは

コインチェックで始まるIEOとは

IEOを簡単に言えば、これから発行される新コインの、事前販売セールのようなもの。

もう少し僕たち目線に言い換えれば、まだ取引所に上場する前のタイミングで、新コインを手に入れるチャンスということになります。

ここでIEOのポイントとなるのが、新コインを発行することで資金を調達したい企業を、仮想通貨取引所(今回はコインチェック)が審査するという点。

そして、IEOを行った仮想通貨取引所に上場が約束されているので、将来性で言えば既存コインよりも3倍くらい違うと思います。(個人の感想です)

IEOとICOの違いを解説

IEOとICOの違いを解説

IEOと似たような言葉としてICOがありますが、両者の違いをご説明します。

  • IEO:企業と投資家の間を取引所が仲介
  • ICO:企業は投資家から直で資金を調達する

どちらが優勢ということはありませんが、企業と投資家が直に繋がるICOでは、詐欺を前提とした怪しい案件がゴロゴロ転がっているのも事実。

つまり、資金調達を行いたい企業の良し悪しを判断できない初心者は、大ヤケドする可能性も出てくるんです。

そういった意味でも、仮想通貨取引所が仲介役として入り、案件の安全性や信頼性を精査するIEOは初心者向け。これから仮想通貨を始める方にもオススメできるんです。

コインチェックIEOで販売されるパレットトークン(PLT)について

コインチェックIEOで販売されるパレットトークン(PLT)について

今回コインチェックでIEOが行われるのは、パレットトークン(PLT)と言われる、NFTトークンの新コインになります。

パレットトークンを発行するのはHashpaletteという企業で、事業内容としては、マンガや音楽配信など、エンタメに特化したプラットフォームを提供するとのこと。

あまり難しいことは今回はお伝えしませんが、イメージ的には、同じNFT銘柄であるエンジンコインと似ていると思ってもらうといいかもしれません。

エンジンコインは将来性の塊?ENGが今後伸びる理由を解説します

エンジンコインは将来性の塊?ENJが伸びる理由を初心者向けに解説します

パレットトークン(PLT)の今後の価格や将来性について

パレットトークン(PLT)の今後の価格や将来性について

ここで気になるのが、パレットトークンが今後伸びていくのかどうか。正直な話、これ以上に重要なことはないと思いますw

短期的な話をすれば、IEOやIPOといった新規公開コイン(もしくは株)というのは、上場後にグッと価格を伸ばす可能性が高いです。

投資家たちがIPOをこぞって狙う理由もここにあり、シンプルな話、儲けやすいんですよね。

参考:「IPO投資」は、株初心者でも“勝率87%”を実現可能な投資術!

さらにさらに、パレットトークン(PLT)が伸びる理由、というより、意地でも伸ばさなければならない大人の理由もあります。

国内で初めて実施されるIEOなので、成功するか否かがコインチェックがの命運を分ける。

今後もIEOを積極的に進めていくためには、この初手を失敗するワケにはいかないはず。

そんな理由もあってか、コインチェックは以下のようなプロモーションも行っています。

だからこそ、コインチェックのIEOに申し込みしてパレットトークン(PLT)を購入できれば、良いことがあるかもしれないよ?って話ですw

コインチェックIEOの概要と申し込み方法について

ここからは、コインチェックIEOの申し込み条件や概要をご説明していきます。

コインチェックIEOの申し込み条件

コインチェックで口座開設を行っていて、コインチェックIEOに購入申請を出している方が対象。

その他の条件は決められていないようなので、口座開設を行っていない方は、まずは口座開設から始めていきましょう。

コインチェックIEO(PLT上場まで)のスケジュール

今回のコインチェックIEOのスケジュールとしては、以下の流れになります。

  • 7月01日:コインチェックIEO申し込み開始
  • 7月15日:コインチェックIEO申し込み終了
  • 7月20日:抽選して当選者にPLT受け渡し
  • 7月27日:PLTがコインチェックに上場

パレットトークンIEOの概要

  • 販売価格は1PLT=4.05円
  • 1口あたり1,000PLTからスタート
  • 1人あたりの申し込み上限は2400口
  • 販売手数料が8%発生

手数料を含めたとしてても、5,000円あればパレットトークン(PLT)のIEOに申し込みできるって覚えておけば覚えやすいと思います。

当選するかどうかは運次第ですが、仮想通貨投資が初めての方でも、1口だけでも申し込みしてみると良いかもしれませんね。

コインチェックIEOのPLTの口コミを紹介

エンジンコインと比較してみました

同じNFT銘柄であるエンジンコイン(ENJ)と比べてみましょう。

PLT ENJ
発行枚数上限 1億枚 1億枚
価格 4.05円/枚 約125円/枚

こんな感じなので、お買い得感はかなり強めですw

コインチェックの口座開設はコチラから

Coincheck(コインチェック)
実績 国内ダウンロード数No1
安全性 セキュリティ体制も万全!ログイン時も2段階認証採用
取引銘柄 全16種類の銘柄を保有
コインチェック詳細
コインチェック公式