【2021】ビットコインは年末に1000万を超える!予想の根拠を大公開

ビットコイン

「ビットコインは2021年の年末には1000万円を超える!」

こんな風に、ビットコインの価格予想が、SNSやネット記事など各方面で行われています。

そこで今回は、ビットコインは年末までに本当に1000万円を超えるのか?その予想の裏取りをしてみました。

最初に結論をお伝えしておくと、今年最後の最大の買い相場が来てますよって話ですw

ビットコインへの期待は年末に向けて高まりつつある

ビットコインへの期待は年末に向けて高まりつつある

2021年の年末に1000万円超えを予想されるビットコインですが、その理由として、強気な買い相場が継続しているんです。

「世界の経済状況が~」とか「リスクオフ資産として~」みたいな小難しい話ではなく、その先にある、リアルタイムで起こっている出来事を紹介していきますね。

  • USDTの新規発行が止まらない
  • チャートに長すぎる下髭が発生
  • 半減期の翌年にビットコインは大きく値上がりする
  • ビットコインの大型アップデートが12月に控えている

簡単に言えば今のビットコインはチャンス相場かもよ?って話ですw

USDTの新規発行が止まらない

USDTの新規発行が止まらない

ステーブルコイン(法定通貨と同じ価値を持つ仮想通貨)であるUSDTの発行が、ここ最近は頻繁に行われています。

国内の取引所の場合は日本円でそのまま購入できますが、海外の取引所は、ステーブルコイン経由で仮想通貨を購入することがほとんど。

つまり、仮想通貨を購入の準備をしている意欲的な投資家が多く、その結果としてステーブルコインの新規発行に繋がっている。

もちろんUSDTの新規発行だけでビットコインの価格は上がりませんが、価格上昇の前段階として捉えることができる、非常に意味のある指標となっています。

チャートに長すぎるほどの下髭がついている

チャートに長すぎるほどの下髭がついている

ここ最近のビットコインのチャートを見ていると、画像のように、長い下髭が頻繁に発生しています。

「一体どういうことなのよ」という人向けに簡単に解説すると、値下がりを狙ってビットコインを購入する人が多いってことなんですよね。

もし買いの勢いが弱かった場合は、下髭でなく上髭がつきながら、ビットコインは次第に下落する弱気相場となりますので、現在のビットコインは買い相場が継続中と捉えることができます。

ビットコインの大型アップデートが12月に控えている

ビットコインの大型アップデートが12月に控えている

ビットコインは11月に大型アップデート「Taproot」を控えています。

アップデート内容に関しては、非常に頭が痛くなるので、詳しい紹介は差し控えます。覚えても覚えなくても、ビットコインの価格は変わらないですからねw
(もちろん、知っておくことが悪いことではないです)

ビットコインの今回のアップデートを簡単に言えば「セキュリティ面と利便性の向上」が見込まれるそう。

さらにパワーアップしたビットコインがさらに普及することで、1000万円を目指す材料のひとつとなっているのかもしれませんね。

※ビットコインアップデートの詳細は、4年ぶりに実施されるビットコインの大型アップデート「Taproot」とは?で詳しく解説されています(別サイトへ移動します)

ビットコイン購入におすすめの取引所

ビットコインを購入するのならば、ビットコインの売買手数料が完全無料のコインチェックが便利です。

コインチェックに関して詳しくは仮想通貨の長期投資ならコインチェックがおすすめ!人気の理由を徹底解説で解説していますので、仮想通貨初心者の方は要チェックです。

Coincheck(コインチェック)
実績 国内ダウンロード数No1
安全性 セキュリティ体制も万全!ログイン時も2段階認証採用
取引銘柄 全17種類の銘柄を保有
コインチェック詳細
コインチェック公式