『The B World』にてイーロンマスク砲が久々に放たれる

『The B World』にてイーロンマスク砲が久々に放たれる ビットコイン

日本時間の7月22日未明。The B Woredにて、イーロンマスクが、仮想通貨についてオフィシャルな場で久しぶりに言及。

そこで今回は、The B Worldにて放たれたイーロンマスク砲の内容をまとめてみました。

\仮想通貨の始め方を初心者向けに解説しています/

仮想通貨の今後は伸びる!初心者向けの始め方を解説

The B Worldのイーロンマスクの発言まとめ

The B Worldのイーロンマスクの発言まとめ

The B Worldでは、イーロンマスクの他、Twitter社CEOのジャック・ドーシー、米大手投資企業ARK Invest社のキャシー・ウッドが登壇。

そこでのイーロンマスクの発言、つまりイーロンマスク砲としては、大まかに以下の通りです。

  • イーロンマスクが保持するコインについて
  • テスラはビットコイン受け入れを再開予定
  • SpaceXもビットコインを保有

今後のビットコインのファンダメンタルにも大きく影響しそうな内容を、順にチェックしていきましょう。

イーロンマスクが保持するコインについて

イーロンマスクが保持するコインについて

The B Worldにて、イーロンマスクは、以下のコインを保持していると発言しました。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ドージコイン(DOGE)

この中で、割合的にはビットコインが1番多いとも語っています。

ビットコインとドージコインの保有は「あぁやっぱりね」という感じですが、個人的にはイーサリアムを持っているっていうのは、かなりの好材料かなぁと。

イーサリアムは8月中にロンドンアップデートも行われるので、今、注目しておくべきアルトコインのひとつです。

イーサリアムが夏にアツくなる!今のうちに仕込んでおくべき理由を解説

イーサリアムが夏にアツくなる!今のうちに仕込んでおくべき理由を解説

テスラはビットコイン受け入れを再開予定

テスラはビットコイン受け入れを再開予定

イーロンマスクは、テスラでビットコインの受け入れを、いずれ再開するとも言及しています。

肝心の条件としては、ビットコインのエコ化が進み、クリーンエネルギー利用率が50%を超えたら再開するとのこと。

そして現在、BTC採掘評議会によると、ビットコインネットワークの56%が再生エネルギー利用しているとのデータも発表されています。

ビットコインネットワークの56%が再生エネルギー利用=BTC採掘評議会

今後もビットコインのエコ化が進んでくれば、テスラのビットコイン決済の話は、大きく進んでくるのかもしれません。

テスラ社が自動車販売の決済ツールにビットコインを採用予定

SpaceXもビットコインを所有

SpaceXもビットコインを所有

こちらはThe B World初出しの情報ですが、イーロンマスクがの保有するSpaceX社も、ビットコインを保有しているそう。

イーロンマスクはビットコインで遊んでいるなんて話も聞かれますが、イーロンマスク本人と、イーロンマスクが保有する2社でビットコインを保有するのは、ビットコインにとってもいい材料なのではないでしょうか。

さらに、イーロンマスクは「ビットコインはパンプ(購入)はするけど、ダンプ(売却)はしない」とも言及したので、ビットコインのある程度の価値は、保有されているのかもしれませんね。

ビットコイン購入におすすめの取引所

ビットコインを購入するのなら、コインチェックが最も初心者向けとなります。

取引所での取引なら、ビットコインの売買手数料は完全に無料で、面倒な口座開設も3分あれば完了します!

Coincheck(コインチェック)
実績 国内ダウンロード数No1
安全性 セキュリティ体制も万全!ログイン時も2段階認証採用
取引銘柄 全16種類の銘柄を保有
コインチェック詳細
コインチェック公式

\仮想通貨の始め方を初心者向けに解説しています/

仮想通貨の今後は伸びる!初心者向けの始め方を解説