IOST、4月に爆上げなるか?3月中に買うべき大人の事情を解説

IOST、4月に爆上げなるか?3月中に今買うべき大人の事情を解説 アイオーエスティー

IOSTが4円台と5円台を行ったり来たりと、期待されているような高騰が中々起こらず、モヤモヤしますよね。

そこでIOSTについて色々と調べてみたら

IOSTを大量に保有しているコインチェックが、価格高騰をあえて抑えているのではないか?そして4月に入ると、IOSTが爆上げさせるのではないか?

という考察がありました。

絶対に当たる!という確証はありませんが、面白いながらも現実味を帯びている話だったので、初心者でも分かるように解説していきたいと思います。

\将来性のある仮想通貨を紹介しています/

【2021年6月】今買うべきおすすめのアルトコイン【将来性を重視】

【2021年9月】今買うべきおすすめのアルトコイン【将来性を重視】

コインチェックのIOSTの保有率について

コインチェックのIOSTの保有率について

IOSTが4月に高騰する理由を解説するために、まずはコインチェックの主な仮想通貨の保有率(1月末時点)をご紹介したいと思います。

暗号資産 時価総額(億円) 保有率 保有総額(億円)
BTC 647604 0.2% 1295.2
ETH 158152 0.2% 316.3
XRP 23485 1.7% 399.2
XEM 2214 6.8% 150.6
IOST 270 48.3% 130.4

保有総額が100億円を超えている仮想通貨のみピックアップしましたが、IOSTの保有率がずば抜けて高いですよね。

このIOSTの高い保有率が、4月以降に高騰するためのカギを握っている可能性があります。

コインチェック保有の暗号資産は2020年に軒並み上昇

コインチェック保有の暗号資産は2020年に軒並み上昇
チャート参照元:Coinchek(コインチェック)

確定申告をされた経験のある方ならご存知だとは思いますが、利益が出れば出るほど、税金を多く納めなければならない。

つまり、コインチェックの立場からしてみれば

「3月中にこれ以上売上が出ると、税金多くなるよなぁ…どうにか税金の支払い、少なくしなきゃ!」

かなりフランクに書きましたが、こんな感じだと思うんですw

コインチェックが故意にIOSTの価格を抑えている可能性

コインチェックが故意にIOSTの価格を抑えている可能性

そこで税金対策として白羽の矢が立ったのが、コインチェックが高い保有率を誇るIOST。

もちろんコインチェックだけの力だけで、価格を完全に操ることは不可能です。
ただ、48.3%という高い保有率は、価格操作の実権をある程度握っていることでしょう。

つまり、3月のIOSTは現状維持。来季の売上を出したい4月以降に急騰する可能性が十分に考えられるってわけ。

コインチェックはIOSTに群がるイナゴから手数料を稼ぎたい

コインチェックはIOSTに群がるイナゴから手数料を稼ぎたい

それじゃIOSTを値上がりさせるとして、どうやって利益を出すのか?その答えは、イナゴ投資家にあります。

イナゴ投資家とは
価格に影響がありそうな情報が出た金融商品を対象に、短期間に何度も売買を繰り返す個人投資家集団のこと。

コインチェックは、このイナゴ投資家から取引手数料を取り、売上を立てたいと考えている。

そして今期の税金を抑えるためにも、IOSTの価格上昇という大きな動きは、4月以降に回しておきたいんです。
つまり、3月中はイナゴ投資家に大人しくしていて欲しいので、コインチェックも力を溜めている状況にある。

これが、IOSTが4月から急騰するであろう、大人の事情ですw

あくまでも予測の域も出ませんが、こういった裏事情も考えてみると、取引の戦略も広がってくるのではないでしょうか。

IOSTを今の価格で買えるラストチャンスかも

IOSTを今の価格で買えるラストチャンスかも

決して煽るつもりはないのですが、この話が現実になるのならば、先に動いたもん勝ちです。
まだ仮想通貨を始めていない方は、早めの決断で、大きな資産を築ける可能性があります。

IOSTが購入できる国内取引所はコインチェックのみ。この機会に、無料の口座開設だけでも済ませておきましょう!

Coincheck(コインチェック)
実績 国内ダウンロード数No1
安全性 セキュリティ体制も万全!ログイン時も2段階認証採用
取引銘柄 全16種類の銘柄を保有
コインチェック詳細
コインチェック公式

\将来性のある仮想通貨を紹介しています/

【2021年6月】今買うべきおすすめのアルトコイン【将来性を重視】

【2021年9月】今買うべきおすすめのアルトコイン【将来性を重視】