【2021年9月】今買うべきおすすめのアルトコイン【将来性を重視】

【2021年6月】今買うべきおすすめのアルトコイン【将来性を重視】 初心者向け情報

今回は、将来的に伸びる可能性が高い、今注目すべきおすすめのアルトコインをご紹介していきます。

  • アルトコインに投資してみたいけど、どれが儲かるのか分からない
  • アルトコインの新たな投資先を知りたい
  • アルトコインを持つメリットが知りたい

上記のような悩みを持たれている方は、当記事でお悩みを解決していきましょう。

「前置きはいいから、今買うべきアルトコインを知りたい!」という方はコチラをクリック。
(アルトコインのランキングまでジャンプします)

アルトコインの購入をおすすめする理由

アルトコインの購入をおすすめする理由

なぜアルトコインを購入するべきなのか?その理由としては、以下の通りです。

  • 大きな利益を狙うことができる
  • ビットコインにない特徴を持つコインが多い
  • 下落時のリスク分散になる

簡単に言ってしまえば、ビットコイン単体を買うよりも、儲けられる可能性が広がるってことなんですよね。

大きな利益を狙うことができる

ドージコインチャート

こちら、少し前に大きな値上がりをした『ドージコイン』というアルトコインのチャートです。

チャートでは正確な数字は分かりづらいですが、なんと285倍も価格が跳ね上がり上がりました。ビットコインでは、こんなことは絶対にあり得ない。

その上でアルトコインは、ビットコインほど高額ではないため、資金が少なくても枚数を増やしやすいんですよね。

価格が上がらないうちに将来性の高いコインに投資し、高騰後に売却して大きな利益を得る。

これがアルトコインの可能性であり、価格が突然10倍や100倍になることも、決して夢物語ではないのです。

さすがに10倍や100倍は中々お目にかかれませんが、わずか数日で価格が約3倍になる実例は、リップルというアルトコインでも、つい最近ありました。

リップルチャート

将来的な資産にある可能性が高いのはビットコインですが、大きな利益を出せるポテンシャルで選ぶのならば、断然アルトコインです。

ビットコインにない特徴を持つコインが多い

ビットコインにない特徴を持つコインが多い

アルトコインはそれぞれ、ビットコインとは違った特徴を持っています。

ビットコインのテクノロジーがブロックチェーンの基本とするのなら、アルトコインは『+αがあるもの』とイメージすると分かりやすいのではないでしょうか。

該当のアルトコインの好材料が揃い、普及が進むことで、ビットコインには考えられない爆発力を生んでくれるのです。

下落時のリスク分散になる

下落時のリスク分散になる

ビットコインに限った話ではないのですが、1種類の仮想通貨だけを保有することは、下落した際のダメージがダイレクトに伝わります。

そうなるとパニック売りを起こしやすく『損しなくても良かったのに、自分で損することを選んでしまった』というシナリオに泣かされることも十分に考えられる。

下落時のリスク分散のために、複数種類のアルトコインを持っておくことは非常に優秀です。しかしそれ以上に、値上がりする『アタリ』を引く可能性も高くなってきます。

どうでしょう?アルトコインを買うべき理由、何となく分かってきましたか?

おすすめのアルトコインの審査基準

おすすめのアルトコインランキングの審査基準

当サイトでは、おすすめのアルトコインを紹介する上での基準も公開します。

  • 将来性のあるアルトコイン
  • 安全に購入できるアルトコイン
  • 現在も開発が進んでいるアルトコイン

上記3点を審査基準として、おすすめのアルトコインを紹介。まずは審査基準についてご覧ください。

将来性のあるアルトコイン

将来性のあるアルトコイン

シンプルな話、将来的に値上がりが期待できるアルトコインでないと、僕たちは儲けることはできません。

  • アルトコインが持つ性能や特徴
  • アルトコインの実用化の見通し
  • アルトコインの人気度

上記のポイントを重視しつつ、おすすめのアルトコインに関して徹底調査。将来的に値上がりが期待できるアルトコインを厳選しました。

安全に購入できるアルトコイン

安全に購入できるアルトコイン

仮想通貨を購入された経験がある方なら分かるのですが、海外取引所でアルトコインを購入することは非常にリスクが高く、非常に面倒くさい。

  • 金融庁無認可の取引所として警告を受けている
  • 送金ミスで資金がデジタルの海に消える可能性
  • 初心者を騙すための詐欺コインが横行している
  • 海外取引所で利確をすると税務申告が複雑になる

こういった点も考慮して、当記事で取り上げるおすすめアルトコインは、国内取引所で購入できるものに限定しました。

補足をしておくと、仮想通貨にある程度慣れた方であれば、自己責任で利用するのは決して悪くないとは思います。

しかし『魔界』や『魔境』と揶揄されるような場所に、初心者がわざわざ足を突っ込む必要なんてありません。

仮想通貨取引以外に神経を使わないことを考慮して、国内取引所で購入できないアルトコインに関しては除外しています。

現在も開発が進んでいるアルトコイン

現在も開発が進んでいるアルトコイン

開発が完了し、プロジェクトが解散しているアルトコインに関しては審査対象としていません。

目まぐるしく開発が進む仮想通貨の中では、これ以上発展が見られないアルトコインに関しては、埋もれていく可能性が高いと判断。

もちろん何かのプロジェクトに採用されれば、開発が終了しているアルトコインでも値上がりすることは期待できますが…期待度で言えば薄いです。

現在も積極的に開発が進んでいるアルトコインを、おすすめできる要因として組み込みました。

おすすめのアルトコインランキング

それではお待たせしました。2021年、購入をおすすめしたいアルトコインを発表していきます。

上記にあげた審査基準を基に、おすすめ順に並べると以下のようになりました。

※レートと時価総額は記事更新時点(2021年9月5日)時点で記載しています。

IOST

IOST
通貨名 IOST
レート 1IOST=6.96円
時価総額 114,161,955,009円
取引所 IOSTが購入できる取引所はコチラ

当サイトが最もおすすめしたいアルトコインは、IOSTという仮想通貨になります。

おすすめポイント
ポテンシャルが尋常じゃないくらい高いのに、まだ価格が1桁台であること

IOSTは、独自のコンセンサスアルゴリズムを用いることで、高速な処理能力(イーサリアムの500倍以上)を持つことにあります。

この処理能力と手数料の安さにより、DeFi領域でIOSTの採用がどこまで進むかが、今後の値上がりの重要なポイントです。

IOSTが安価である理由

  • 2018年にローンチされた歴史の浅い仮想通貨
  • 国内取引所での取り扱いがコインチェックのみで販路が少ない

今後の開発と、国内取引所での取り扱いが増えることにより、IOSTの価格が上がることは十分に予想できます。

そして、IOSTの可能性を信じ、IOSTに全振りする人も少なくありません。

IOSTは将来的に100円は余裕で超えるのでは?との意見も多いので、安いうちに優先して仕込むべき、おすすめのアルトコインとなります。

«IOSTの解説記事をチェック

イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)
通貨名 ETH
レート 1ETH=432,044円
時価総額 50,720,754,851,883円
取引所 ETHが購入できる取引所ランキングを見る
おすすめポイント
スマートコントラクトやDapps開発が可能な、超実用的なプラットフォーム

イーサリアムの実用性の高さには、様々な国や企業が注目。500以上の団体が参加する『イーサリアム企業連合』には、日本では三菱東京UFJ銀行やKDDIなどの大手企業も参加をしています。

イーサリアムチャート

最近ではDeFi需要の増加により、必然的にイーサリアムの需要が増えている様子が見受けられます。

その需要に反応するように、イーサリアムは1年前と比べて、約26倍もの価値に。

7月にはロンドンアップデートも実行され、以前より懸念されていた、送金手数料の高さが解消。

将来的に100万円を超える可能性も高いアルトコインなので、値上がり前に仕込んでおくことをおすすめします。

リップル(XRP)

リップル(XRP)
通貨名 XRP
レート 1XRP=138.93円
時価総額 138.93円
取引所 XRPが購入できる取引所ランキングを見る
おすすめポイント
アルトコインの中でも、実用化の見通しが最もハッキリしていること

リップルは、金融機関の国際送金をスピーディーに、なおかつ安価で行うことを目的として作成されました。

みずほ銀行やSBIグループとも提携しており、将来的な実用の可能性としては、非常に期待できるアルトコインとなっています。

ただひとつ注意点としては、2020年に行われたSEC訴訟により、失速気味であること。

和解の方向へと着々と進んでいる様子ですが、訴訟に関して悪い材料が出ることも考えられるので、注視しておくことが重要です。

ただ、SEC訴訟さえ解決すれば、5桁は固いアルトコインであるとも言われているのも事実。訴訟が終わるまでは、ある意味で買いのチャンスなのかもしれませんね。

エンジンコイン(ENJ)

エンジンコイン(ENJ)
通貨名 ENJ
レート 1ENJ=233.44円
時価総額 194,770,184,697円
取引所 ENJが購入できる取引所はコチラ
おすすめポイント
ゲーム内で使えるNFTトークンとして採用済。異なるゲーム同士でもアイテム売買が可能な汎用性の高さ

Microsoftの『マインクラフト』のゲーム内アイテムの売買に利用されたり、SAMSUNGのスマホウォレットにエンジンコインが導入されるなど、エンジンコインの技術は大手企業で続々と採用されています。

今後も実需が増えていくことで、エンジンコインの価格が上がっていくことも間違いない、本当に価値のあるアルトコインのひとつです。

エンジンコインは、2021年1月にコインチェックに上場したばかりの、国内では比較的新しいアルトコイン。

しかし上場前から草コインとして人気があり、コインチェックに上場して信頼性が担保されたことにより、一気に火が付き始めています。

エンジンチャート

人気ゲーム『フォートナイト』の創設者も、NFTトークンは現段階では投機的であると言いつつも、将来性を見出しているとのこと。

大きな値上がりはかなり先になるかもしれませんが、今のうちから投資対象としてみる価値は、十分にあります。

«エンジンコインの解説記事をチェック

ステラルーメン(XLM)

ステラルーメン(XLM)
通貨名 XLM
レート 1XML=41.78円
時価総額 989,947,658,563円
取引所 XLMが購入できる取引所ランキングを見る
おすすめポイント
リップルと同じような値動きをするため、リップルが上がれば一緒に上がる可能性

ステラルーメンはリップルをベースに作られているため、リップルとの関連性が非常に高い。

つまり、リップルが値上がりした後に、ステラルーメンも続けて値上がりする傾向にあります。

XRPとXLMの違い

  • XRP:金融機関の国際送金をスマートにする
  • XLM:個人同士の国際送金をスマートにする

ステラルーメンは国内外問わずの企業と提携済みで、IBMとも提携し、国際送金ネットワークも開発されています。

リップルに投資を検討している方は、ステラルーメンにも同時に注目しておきましょう。リスク分散をしつつも、大きく儲けることも不可能ではありません。

アルトコイン購入におすすめの取引所

アルトコイン購入におすすめの取引所

今回ご紹介したアルトコインは、すべてコインチェックで購入することが可能です。

コインチェックのおすすめポイント

  • アルトコイン取扱数が国内取引所No.1
  • アプリダウンロード数No.1
  • 2段階認証によりセキュリティが万全

初心者ならまずはコインチェックから始めよう!と自信を持ってお伝えできますし、当サイトの仮想通貨取引所おすすめランキングでも、1位としています。

注意事項
口座開設は無料で3分程度で完了しますが、登録者多数のため、購入するための本人確認には5日~1週間程度かかります。

本人確認は申し込み順となっているようなので、値上がり前に取引が始められるように、早めに口座開設をしておくことをオススメします。